通所リハビリは名古屋市中川区の介護老人保健施設「松和苑」

お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

  • 2020.08.03

    なぜ加齢に伴って転びやすくなるのか?【医療法人親和会 富田病院 リハビリ】

     
     B7909DCB-0877-4DBF-8B9F-EF648EA084D8
     
    富田病院リハビリテーション科、理学療法士の佐藤です。
     
     
     ご覧になっているみなさんの中にも、若い時に比べ、つまづきやすくなったり、転んだりする経験が増えているという方がいるかと思いますが、今日は、人は年齢を重ねるにつれて、なぜ転びやすくなるのか?ということについてお話していきたいと思います。
     
     
     これは一つの要素の問題だけではなく、いくつかの要素が複雑に絡み合ってバランスを崩したり転びやすくなってしまうと考えられますが、転びやすくなる主な原因についてみてみましょう。
     
     
     
    原因① 筋力低下
     20代をピークに、年々、特にタイプⅡ繊維という筋肉の中でも大きな力を発揮する筋線維の減少や萎縮が進みます。(加齢性の筋力・筋量低下。サルコペニア。)素早く動くことができなくなったり、体を大きく動かすことが難しくなっていきます。
     
     
    原因② 感覚機能低下、ボディイメージの低下
     自分で自分の身体がどの程度動いているか、空間の中で自分の身体がどのような姿、形になっているかなどの感覚やイメージする力が低下します。例えるならば、自分の足が思ったより上がっていなくて段差につまづいたなどは、このような機能の低下が原因かもしれません。
     
     
    原因③ 関節可動域の狭小化
     加齢に伴って、各関節の可動域は狭くなっていきます。筋肉や皮膚の硬さが増し伸長性が低下、軟骨や靭帯へのカルシウム沈着による石灰化、動脈硬化など原因は様々ですが、関節の可動範囲は狭くなり、地面と足先の間隔(トゥクリアランス)が低下するなどしてつまづきやすくなります。
     
     
    原因④ 姿勢の乱れ(猫背など)
     姿勢の乱れの中でも背中が丸くなるいわゆる猫背姿勢というのは、非常に発生しやすい姿勢変化です。背中が丸くなることで変位する重心位置を留めるために、頭部が前方に突出したり、腰が反ったりと姿勢が乱れます。特に高齢者では筋力低下や感覚機能低下、脊柱変形等が進行しており、バランスを保つために股関節戦略(ヒップストラテジー)という素早く細かい制動が苦手で大きな力を要するバランス戦略をとるため、バランスを崩しやすくなります。
     
     
     
     
     その他にも視力の問題など細かな個々の原因はあると思いますが、大きなところではこの辺りが原因になると考えられます。
    上記した問題などから、辛いですがいくら転ばないように気をつけていても、つまづきや転びやすくなることは避けられない、と考えています。
    しかし避けられないリスクだからこそ、対応すべき課題であると思いますので、いくつか対処法をお話しします。
     
     
     
     
    対処法① スリッパ・つっかけサンダルなどで出歩かない
     転倒事故で最も多い履物が、スリッパやつっかけサンダルなどの履物であると言われています。家の前の新聞受けまでサンダルで取りに行く、ご近所さんへ回覧板を持っていくなど、家の近辺でのちょっとした外出など油断した時に転倒は発生しやすくなりますので、少しのことでも運動靴やきちんと踵のある履物で歩かれることをおすすめします。
     
     
    対処法② 家の中の小さな段差や引っかかるポイントを無くす
     転倒事故は、先ほど申し上げた家の近所と、家の中で多く発生します。カーペットなどのわずかな段差、扇風機など家電から伸びるコンセントケーブルなどはつまづきや引っかかりによって転倒しやすいポイントです。そのようなポイントを事前に解消します。
     
     
    対処法③ 足首や足ゆびの機能を高める
     転びやすくなる原因に姿勢の乱れを挙げましたが、それに伴って足首や足のゆびのがうまく使えず、機能が低下している方が非常に多くみられます。足部の機能が高まると、素早く細かな制動が可能な足関節戦略(アンクルストラテジー)が使え、転倒しにくくなるといわれています。
     
     
     
    今回は長文になってしまいましたが、転倒は骨折などに繋がって寝たきりの原因になるなど、健康寿命を縮める非常に怖いものであります。
     
     
     
    転倒に限らず、お体のことでお困りのことがありましたらどうぞお気軽にご相談ください。
  • 2020.07.19

    介護のお仕事を目指される方へ “介護の本質とは?”【医療法人親和会 介護医療院 富田病院 老人保健施設 松和苑】

    “介護の仕事”と聞くと皆様、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

    “大変そう”、“腰が痛くなりそう”、“精神的にもきつそう”“人手不足”、、、

    等々ネガティブなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

    確かに介護の仕事をするにあたり、そのような側面が全くないとは言い切れません。

    1490703461_1aea83161f0fc9ea77e1bec159023377_b4dccb78d9f6c03e13fd1c1d78a251132fca8aeb

    しかし介護の仕事はまだまだ世間に認知されていない素晴らしい側面も多く持ち合わせています。

    実際に現場で働く職員の目線でそのような側面や大変さ等、リアルな情報を今後お届けできればと思います。

    今回は介護の仕事(介護福祉士、介護士)の本質(ほんの一部ですが。)とは一体何かについて考えてみたいと思います。

    多くの方が介護職というと、

    ①お話相手になる

    ②食事介助

    ③オムツ交換

    ④入浴介助

    ⑤移乗介助

    等々一つ一つの場面を想像するかと思います。

    上記のどれもがとても重要な介護業務です。

    しかしそれが介護の本質ではありません。

    大切なことは、なぜ上記のようなサービス項目を実施するのかということを、

    しっかりと理解することです。

    img_a01

    介護とは、、、

    一言で表すには非常に難しいことですが、あえてチャレンジするのであれば、

    “人生(最後)の夢を叶えるお手伝いをさせて頂く事”

    ではないかと考えています。

    人生の集大成の場面を迎えておられる高齢の方(ご利用者様や患者様)に対し、

    敬意を持って関わっていく中で、その方々の夢や、実現したい事が少しづつわかってくると思います。

    その夢の実現のために私たち職員がどのようなサポートができるか考え、

    関わる全ての職種のスタッフ間で連携し、日々のサービスに反映しています。

    例えば、、、

    “春に孫と一緒に桜を見に行きたい”

    と言う希望の実現に向けて、現在の身体状況(ADL)や障害となり得ること、どれくらいの期間で実現できそうか、、、、等々様々な観点からそれぞれの専門職で意見を出し合い、連携し、取り組んで行きます。そうすると、先ほど出てきた介護の仕事内容の意味が少しづつ理解できてくるかと思います。

    ①お話相手になる

    →認知症を予防し、孫とスムーズなコミュニケーションを取ることができるようにしよう

    ②食事介助

    →桜を見ながら美味しいものを食べることができるとより満足していただけるのではないか

    ③オムツ交換

    →できればオムツを外し、トイレに行くことで気分よく過ごしていただきたい

    ④入浴介助

    →清潔に気持ちよく外出できるように身なりも整えていただきたい

    ⑤移乗介助

    →離床時間(ベッド以外で過ごして頂く時間)が少しでも長く保持できることで、ゆっくりと桜を見ていただきたい

    といった具合に全ての介護には意味や根拠があります。

    その事を理解するためにはやはり時間がかかるかと思います。

    当然ですが、知識と同時に技術的な向上も必要となってきます。

    ご利用者様や患者様、仲間との連携のためのコミュニケーション能力も必要です。

    介護職は誰でもできる仕事と思われがちですが、

    決してそうではありません。

    入職して間もない頃は、ただただ忙しい、大変、辛いなどの感情が先にきてしまう事も多々あるかと思います。

    しかし、まずは知識、技術を地道につけていく事が大切です。

    その先に大きなやりがいや、喜びがあるからです。

    pixta_16327672_S

    患者様やご利用者様の夢の実現のため、

    様々な能力、専門知識、技術を持ち合わせ、仲間と協力し、一丸となって取り組むことが求められます。

    IMG_0630

    長くなってしまいましたが、介護の仕事をお考えの方は少しでも参考にして頂けると幸いです。

    何かわからない事などございましたら下記の問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

    お問い合わせ

     

     

  • 2020.07.16

    肩の痛み、五十肩(四十肩)について 【富田病院 リハビリテーション 外来】

     
    富田病院リハビリテーション科 理学療法士の佐藤です。
     
    今日は中年期以降に発症する方が多く、腕が上がらない、肩の痛み、夜中に肩の痛みで目が覚めるなどの症状が発生する、俗に言う「五十肩(四十肩)」についてお話しします。
     
     6285E3FA-C73C-41BF-9CC1-D8B896599693_4_5005_c
    ※日本整形外科学会より
     
     
     
     
    江戸時代の国語辞典に「人五十歳ばかりの時、手腕、関節痛むことあり、程過ぎれば薬せずして癒ゆるものなり、俗にこれを五十腕とも五十肩ともいう」なんて文章が書かれていたことが由来だそうですが、
     
     
    50歳ぐらいに肩や腕が痛むが、ある程度の期間が過ぎれば自然に治るものを「五十肩」と呼んだそうです。
     
     
     
    そうなんです。半年や1年、長い方では2年とかけて自然治癒していく例が多いのですが、中には誤った対処法などにより、関節可動域制限や疼痛の増悪など、どんどんと症状が悪化してしまう方もいます。
    ですから、肩の症状でお困りの方はお早めに医療機関へ受診されることをおすすめします。
     
     
     
     
     
    そしてもう少し、注意していただきたい点も含めてお話ししますと、
    俗に言うこの五十肩(四十肩)、病院などで診断される際には「肩関節周囲炎」という名前で呼ばれます。
     
     
    この「肩関節周囲炎」という診断名も、「肩の周囲の炎症」というなんとも煮え切らない、しかし言い得て妙という診断名でして、
    実際には肩関節を構成する様々な組織、回旋筋腱板(ローテーターカフ)や肩峰下滑液包、上腕二頭筋長頭腱の損傷や炎症などが発生し、痛みや可動制限といった目に見える症候を出します。
     
    7A4F252B-31AD-49B7-B02D-58473B849426_4_5005_c
     
    ※日本整形外科学会より
     
     
     
     
    なので「肩関節周囲炎」と一言で言っても、人によって原因や治療法は変わってきます。
     
     
    特に炎症期という炎症が盛んに発生している病期においては「夜間痛」という夜中の肩の痛み、寝ているだけなのに肩の痛みで目が覚めるなどの症状が出やすいことが特徴です。
     
    この炎症期に陥りがちな過ちとして多いのが、
     
     
    「肩を動かさないと硬くなってしまう!」と
     
     
    一生懸命に痛みを出しながら、ぐるぐると肩を回す運動などをしてしまうことです。
     
     
     
    関節が固まらないように、痛みを出しながらも肩や腕をぐるぐる、、、
     
     
     
    実はこれは損傷、炎症をさらに悪化させ、さらなる疼痛増悪や強い関節可動域制限を作り出す(関節が硬く固まってしまい、強い可動制限を起こす凍結肩、フローズンショルダーなどと呼ばれます)やってはいけない行為といえます。
     
     
     
    その他にもいくつか注意点がありますが、肩の症状でお困りの方は、まずはお気軽に整形外科を受診してきただき、リハビリテーションプログラムを受けられることをおすすめします。
contact usお問い合わせ・ご相談はこちら

当苑についてのご質問・介護についてのご相談などもお気軽にどうぞ。

052-303-1165 052-303-1165
受付時間 9:00〜17:00

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

採用情報

リハビリ相談受付中

親和会医療法人富田病院

ページトップへ

ページトップへ