通所リハビリは名古屋市中川区の介護老人保健施設「松和苑」

お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

  • 2020.08.03

    なぜ加齢に伴って転びやすくなるのか?【医療法人親和会 富田病院 リハビリ】

     
     B7909DCB-0877-4DBF-8B9F-EF648EA084D8
     
    富田病院リハビリテーション科、理学療法士の佐藤です。
     
     
     ご覧になっているみなさんの中にも、若い時に比べ、つまづきやすくなったり、転んだりする経験が増えているという方がいるかと思いますが、今日は、人は年齢を重ねるにつれて、なぜ転びやすくなるのか?ということについてお話していきたいと思います。
     
     
     これは一つの要素の問題だけではなく、いくつかの要素が複雑に絡み合ってバランスを崩したり転びやすくなってしまうと考えられますが、転びやすくなる主な原因についてみてみましょう。
     
     
     
    原因① 筋力低下
     20代をピークに、年々、特にタイプⅡ繊維という筋肉の中でも大きな力を発揮する筋線維の減少や萎縮が進みます。(加齢性の筋力・筋量低下。サルコペニア。)素早く動くことができなくなったり、体を大きく動かすことが難しくなっていきます。
     
     
    原因② 感覚機能低下、ボディイメージの低下
     自分で自分の身体がどの程度動いているか、空間の中で自分の身体がどのような姿、形になっているかなどの感覚やイメージする力が低下します。例えるならば、自分の足が思ったより上がっていなくて段差につまづいたなどは、このような機能の低下が原因かもしれません。
     
     
    原因③ 関節可動域の狭小化
     加齢に伴って、各関節の可動域は狭くなっていきます。筋肉や皮膚の硬さが増し伸長性が低下、軟骨や靭帯へのカルシウム沈着による石灰化、動脈硬化など原因は様々ですが、関節の可動範囲は狭くなり、地面と足先の間隔(トゥクリアランス)が低下するなどしてつまづきやすくなります。
     
     
    原因④ 姿勢の乱れ(猫背など)
     姿勢の乱れの中でも背中が丸くなるいわゆる猫背姿勢というのは、非常に発生しやすい姿勢変化です。背中が丸くなることで変位する重心位置を留めるために、頭部が前方に突出したり、腰が反ったりと姿勢が乱れます。特に高齢者では筋力低下や感覚機能低下、脊柱変形等が進行しており、バランスを保つために股関節戦略(ヒップストラテジー)という素早く細かい制動が苦手で大きな力を要するバランス戦略をとるため、バランスを崩しやすくなります。
     
     
     
     
     その他にも視力の問題など細かな個々の原因はあると思いますが、大きなところではこの辺りが原因になると考えられます。
    上記した問題などから、辛いですがいくら転ばないように気をつけていても、つまづきや転びやすくなることは避けられない、と考えています。
    しかし避けられないリスクだからこそ、対応すべき課題であると思いますので、いくつか対処法をお話しします。
     
     
     
     
    対処法① スリッパ・つっかけサンダルなどで出歩かない
     転倒事故で最も多い履物が、スリッパやつっかけサンダルなどの履物であると言われています。家の前の新聞受けまでサンダルで取りに行く、ご近所さんへ回覧板を持っていくなど、家の近辺でのちょっとした外出など油断した時に転倒は発生しやすくなりますので、少しのことでも運動靴やきちんと踵のある履物で歩かれることをおすすめします。
     
     
    対処法② 家の中の小さな段差や引っかかるポイントを無くす
     転倒事故は、先ほど申し上げた家の近所と、家の中で多く発生します。カーペットなどのわずかな段差、扇風機など家電から伸びるコンセントケーブルなどはつまづきや引っかかりによって転倒しやすいポイントです。そのようなポイントを事前に解消します。
     
     
    対処法③ 足首や足ゆびの機能を高める
     転びやすくなる原因に姿勢の乱れを挙げましたが、それに伴って足首や足のゆびのがうまく使えず、機能が低下している方が非常に多くみられます。足部の機能が高まると、素早く細かな制動が可能な足関節戦略(アンクルストラテジー)が使え、転倒しにくくなるといわれています。
     
     
     
    今回は長文になってしまいましたが、転倒は骨折などに繋がって寝たきりの原因になるなど、健康寿命を縮める非常に怖いものであります。
     
     
     
    転倒に限らず、お体のことでお困りのことがありましたらどうぞお気軽にご相談ください。
  • 2020.07.19

    介護のお仕事を目指される方へ “介護の本質とは?”【医療法人親和会 介護医療院 富田病院 老人保健施設 松和苑】

    “介護の仕事”と聞くと皆様、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

    “大変そう”、“腰が痛くなりそう”、“精神的にもきつそう”“人手不足”、、、

    等々ネガティブなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

    確かに介護の仕事をするにあたり、そのような側面が全くないとは言い切れません。

    1490703461_1aea83161f0fc9ea77e1bec159023377_b4dccb78d9f6c03e13fd1c1d78a251132fca8aeb

    しかし介護の仕事はまだまだ世間に認知されていない素晴らしい側面も多く持ち合わせています。

    実際に現場で働く職員の目線でそのような側面や大変さ等、リアルな情報を今後お届けできればと思います。

    今回は介護の仕事(介護福祉士、介護士)の本質(ほんの一部ですが。)とは一体何かについて考えてみたいと思います。

    多くの方が介護職というと、

    ①お話相手になる

    ②食事介助

    ③オムツ交換

    ④入浴介助

    ⑤移乗介助

    等々一つ一つの場面を想像するかと思います。

    上記のどれもがとても重要な介護業務です。

    しかしそれが介護の本質ではありません。

    大切なことは、なぜ上記のようなサービス項目を実施するのかということを、

    しっかりと理解することです。

    img_a01

    介護とは、、、

    一言で表すには非常に難しいことですが、あえてチャレンジするのであれば、

    “人生(最後)の夢を叶えるお手伝いをさせて頂く事”

    ではないかと考えています。

    人生の集大成の場面を迎えておられる高齢の方(ご利用者様や患者様)に対し、

    敬意を持って関わっていく中で、その方々の夢や、実現したい事が少しづつわかってくると思います。

    その夢の実現のために私たち職員がどのようなサポートができるか考え、

    関わる全ての職種のスタッフ間で連携し、日々のサービスに反映しています。

    例えば、、、

    “春に孫と一緒に桜を見に行きたい”

    と言う希望の実現に向けて、現在の身体状況(ADL)や障害となり得ること、どれくらいの期間で実現できそうか、、、、等々様々な観点からそれぞれの専門職で意見を出し合い、連携し、取り組んで行きます。そうすると、先ほど出てきた介護の仕事内容の意味が少しづつ理解できてくるかと思います。

    ①お話相手になる

    →認知症を予防し、孫とスムーズなコミュニケーションを取ることができるようにしよう

    ②食事介助

    →桜を見ながら美味しいものを食べることができるとより満足していただけるのではないか

    ③オムツ交換

    →できればオムツを外し、トイレに行くことで気分よく過ごしていただきたい

    ④入浴介助

    →清潔に気持ちよく外出できるように身なりも整えていただきたい

    ⑤移乗介助

    →離床時間(ベッド以外で過ごして頂く時間)が少しでも長く保持できることで、ゆっくりと桜を見ていただきたい

    といった具合に全ての介護には意味や根拠があります。

    その事を理解するためにはやはり時間がかかるかと思います。

    当然ですが、知識と同時に技術的な向上も必要となってきます。

    ご利用者様や患者様、仲間との連携のためのコミュニケーション能力も必要です。

    介護職は誰でもできる仕事と思われがちですが、

    決してそうではありません。

    入職して間もない頃は、ただただ忙しい、大変、辛いなどの感情が先にきてしまう事も多々あるかと思います。

    しかし、まずは知識、技術を地道につけていく事が大切です。

    その先に大きなやりがいや、喜びがあるからです。

    pixta_16327672_S

    患者様やご利用者様の夢の実現のため、

    様々な能力、専門知識、技術を持ち合わせ、仲間と協力し、一丸となって取り組むことが求められます。

    IMG_0630

    長くなってしまいましたが、介護の仕事をお考えの方は少しでも参考にして頂けると幸いです。

    何かわからない事などございましたら下記の問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

    お問い合わせ

     

     

  • 2020.07.16

    肩の痛み、五十肩(四十肩)について 【富田病院 リハビリテーション 外来】

     
    富田病院リハビリテーション科 理学療法士の佐藤です。
     
    今日は中年期以降に発症する方が多く、腕が上がらない、肩の痛み、夜中に肩の痛みで目が覚めるなどの症状が発生する、俗に言う「五十肩(四十肩)」についてお話しします。
     
     6285E3FA-C73C-41BF-9CC1-D8B896599693_4_5005_c
    ※日本整形外科学会より
     
     
     
     
    江戸時代の国語辞典に「人五十歳ばかりの時、手腕、関節痛むことあり、程過ぎれば薬せずして癒ゆるものなり、俗にこれを五十腕とも五十肩ともいう」なんて文章が書かれていたことが由来だそうですが、
     
     
    50歳ぐらいに肩や腕が痛むが、ある程度の期間が過ぎれば自然に治るものを「五十肩」と呼んだそうです。
     
     
     
    そうなんです。半年や1年、長い方では2年とかけて自然治癒していく例が多いのですが、中には誤った対処法などにより、関節可動域制限や疼痛の増悪など、どんどんと症状が悪化してしまう方もいます。
    ですから、肩の症状でお困りの方はお早めに医療機関へ受診されることをおすすめします。
     
     
     
     
     
    そしてもう少し、注意していただきたい点も含めてお話ししますと、
    俗に言うこの五十肩(四十肩)、病院などで診断される際には「肩関節周囲炎」という名前で呼ばれます。
     
     
    この「肩関節周囲炎」という診断名も、「肩の周囲の炎症」というなんとも煮え切らない、しかし言い得て妙という診断名でして、
    実際には肩関節を構成する様々な組織、回旋筋腱板(ローテーターカフ)や肩峰下滑液包、上腕二頭筋長頭腱の損傷や炎症などが発生し、痛みや可動制限といった目に見える症候を出します。
     
    7A4F252B-31AD-49B7-B02D-58473B849426_4_5005_c
     
    ※日本整形外科学会より
     
     
     
     
    なので「肩関節周囲炎」と一言で言っても、人によって原因や治療法は変わってきます。
     
     
    特に炎症期という炎症が盛んに発生している病期においては「夜間痛」という夜中の肩の痛み、寝ているだけなのに肩の痛みで目が覚めるなどの症状が出やすいことが特徴です。
     
    この炎症期に陥りがちな過ちとして多いのが、
     
     
    「肩を動かさないと硬くなってしまう!」と
     
     
    一生懸命に痛みを出しながら、ぐるぐると肩を回す運動などをしてしまうことです。
     
     
     
    関節が固まらないように、痛みを出しながらも肩や腕をぐるぐる、、、
     
     
     
    実はこれは損傷、炎症をさらに悪化させ、さらなる疼痛増悪や強い関節可動域制限を作り出す(関節が硬く固まってしまい、強い可動制限を起こす凍結肩、フローズンショルダーなどと呼ばれます)やってはいけない行為といえます。
     
     
     
    その他にもいくつか注意点がありますが、肩の症状でお困りの方は、まずはお気軽に整形外科を受診してきただき、リハビリテーションプログラムを受けられることをおすすめします。
  • 2020.07.01

    変形性膝関節症について【富田病院 リハビリテーション】

    今日は膝の痛みの中でも、罹患率の高い変形性膝関節症についてお話しします。
     
    変形性膝関節症の中でも9割以上の方が内反変形といういわゆるO脚変形をきたし、深いしゃがみ動作や正座が出来ない、膝の曲げ伸ばし、立ち上がり、歩き出し、階段昇降などに膝の(特に内側に出やすい)痛みが発生します。
     
    B13F2CED-55E5-4547-A8B0-1E8329992E68_4_5005_c
    ※公益社団法人 日本整形外科学会より
     
    特に体重が重い方、若い時から膝を酷使するスポーツをされていた方などは軟骨の摩耗が進んでいる方が多く、膝の変形や痛みに繋がりやすいといえます。
     
    また、坂道や段差の昇降では体重の5〜7倍ともいわれる負荷が膝にかかりますので、山岳部に住む方々の変形性膝関節症の罹患率が高いというお話まであります。
     
     
    膝の痛みの原因は、内側広筋という膝の内側の筋肉の筋力低下など、多くの方に共通して生じる原因はありますが、やはりその人それぞれに原因は微妙に変わってきます。
     
     
    少しマニアックになってしまいますが、関節水腫に伴う反射性抑制、膝関節機能障害に伴う膝関節屈曲や伸展可動制限、内転筋群の筋力低下、内側広筋と縫工筋の癒着、下腿の外旋変位、足関節や足趾機能低下などなど、膝関節に支障をきたす原因はまだまだ数多くあります。
     
     
    原因が変われば、対処法やトレーニングの仕方もそれぞれに変わってきます。
     
     
    また、同じ疾患、同じ原因で痛みが出ていたとしても、今現在の病期(その疾患の進行度や段階など)によっても行うべきトレーニングや対処法は変化します。
     
     
    テレビで紹介されていたから、インターネットで調べたら出てきたからと、原因や病期を無視した形での対処により、痛みや変形が悪化してしまうこともあります。
     
     
    やはり膝の痛みで苦痛を感じている方、お困りの方はお早めに整形外科への受診、そして理学療法士などの国家資格を有するスタッフと共にリハビリテーションプログラムを行うことをおすすめします。
  • 2020.06.16

    腰痛について【 富田病院 リハビリテーション 】

    富田病院リハビリテーション科、理学療法士の佐藤です。
     
    今回は当院外来リハビリテーションをご利用される方の中でも、非常に多くの方が悩まれる腰痛についてお話ししたいと思います。
     
    腰の痛みは人類の宿命ともいえるほど、多くの方が経験する痛み一つですが、一言で「腰痛」と言いましても、原因は多岐に渡ります。
     
    レントゲンやCT等でしっかり画像所見が得られ、原因のはっきりしている腰痛(特異的腰部痛)だけをみても、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、腰椎すべり症、変形性腰椎症、側弯症など多くの疾患が考えられます。
     
    5239C1FA-42E7-4B58-A164-9EF34F2BA312_4_5005_c
     
    しかし実は、
    腰痛の約8割は画像所見等での原因の特定が困難
    な腰痛(非特異的腰部痛)ともいわれています。
    これらの腰痛は仕事や生活習慣、姿勢、ストレス、睡眠、栄養状態などが影響していることもあり、これらが原因の腰痛であればレントゲンやCTだけでは判断ができません。
    血液検査や尿検査、理学療法評価などその他様々な検査・評価を行い、原因を探っていく必要があります。
     
    当院でリハビリテーションを希望される方は、下記の「整形外科・リハビリテーション科」の診察日に初回診察を受けていただくようお願いしております。スクリーンショット 2020-05-29 16.21.29
     
     
    また、胃や腎臓など消化器・泌尿器の問題や、骨への感染や腫瘍などの問題で腰痛が発生することもあり、たかが腰痛と鷹を括ってしまうのは怖いこともあります。
    やはり腰痛で苦しんでいる方、生活に支障がでている方などは、お早めに医療機関へ受診されることが重要であると考えます。

    リハビリテーション科では、診断に応じて患者様一人ひとり適切なリハビリテーションプログラムが提供できるよう、しっかりと問診や評価を行い、腰痛の改善や生活障害の改善などに貢献できるよう努めます。
     
    腰痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
     
  • 2020.05.26

    富田病院外来診療日程変更について

    富田病院の外来診療日程に一部変更がございます。

    ホームページ内の診察予定表より下記の通り変更となっております。

    申し訳ございませんが、ご確認の上、お越しいただきますようよろしくお願いいたします。

    スクリーンショット 2020-05-29 16.21.29

  • 2020.04.28

    医療法人親和会PVになります。

    医療法人親和会 富田病院 松和苑 のご利用をお考えの方、

    見学予定の方、就職をお考えの方、ご興味をお持ちの方は

    一度ご覧になっていただけますと幸いです。

    ご質問事項等ございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご連絡ください。

  • 2020.04.07

    お花見を開催いたしました。【富田病院 介護医療院 レクリエーション】

    今年は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか外出することが困難な春を迎えることになりました。

    社会的にも落ち着かない日々が続いており、様々な場面での規模縮小や営業自粛など経済活動への影響も出てきています。

    そのような状況下ではございますが、少しでも華やかな気持ちで春の訪れを感じていただくためにお花見を開催させていただきました。

    お花見と言っても例年のように外出するのではなく、各病棟から水落公園のきれいな桜を眺めました。

    マスク着用、体調の確認、三密とならないよう徹底し、個別でご対応させていただきました。

    春を感じる音楽を聴きながら、昔話にも花が咲きました。IMG_4510

    タイミングよく桜も綺麗に開花しており、

    “とてもきれいだね” “すてきな桜だね
    ”と皆様驚かれていました。

    例年はご家族様、職員と共に行っている花見でしたので、

    “本当は実際に見に行きたいなあ”といった声も多く聞かれました。

    来年は実際に開催できるようになることを願います。

     

  • 2020.03.16

    ベッド上で過ごす時間が長い方へのレクリエーション 【富田病院 介護医療院 レクリエーション】

    コロナウイルスの影響もあり、少し気持ちの晴れない日々が続いております。

    みなさまいかがお過ごしでしょうか?

    介護医療院に入所される方は、日常生活においてなんらかの影響がある病気や障害をお持ちの方がいらっしゃいます。

    身体的な状況等により、多くの時間をベッド上で過ごされる方もお見えになります。

    健康な方にとっては想像することができないことですが、

    ベッド上で過ごす時間は退屈に感じる方も多いと思います。

    私たち職員は普段の関わりを通し、少しでもリフレッシュしていただき、

    気分良く生活していただけるにはどうすればいいかを考えています。IMG_4232

    今回はベッド上で行うレクリエーションということで、ベッドごとホールに移動していただき、外の景色を眺めながら、職員と一緒に本を読み、懐かしいメロディーを聞き、馴染みのご利用者様と談笑するなどし、普段とは少しだけ違った時間を過ごしていただきました。

    なかなか全ての方にご満足いただくことは難しいですが、

    少しでも喜んでいただけましたら幸いです。

    これからも様々な工夫をし、無理のない範囲で、楽しんでいただけることを企画し、実施していきたいと思います。

     

  • 2020.02.12

    節分の会を開催!今年の恵方は西南西に最も近い荒子観音でした。【介護 老人保健施設 松和苑 通所リハビリテーション】

    節分の会を開催致しました。

    節分1

    皆様で「鬼は外!福は内!」と鬼に扮した職員に向け豆まき(お手製お手玉)を使い行いました。

    イベントは、盛り上がり鬼にめがけ狙いをすませて、皆様当たるまで投げ続け、四方八方から飛んでくる豆に圧倒されていました。

    とても力強く投げられ、「鬼さんこっちに来て」などと言いながら、とても良い表情をされ笑顔も多くみられました。

    また、2月は節分ということで作品を作りましたので、もしお立ち寄りの際は、是非ご覧ください。

    節分2

contact usお問い合わせ・ご相談はこちら

当苑についてのご質問・介護についてのご相談などもお気軽にどうぞ。

052-303-1165 052-303-1165
受付時間 9:00〜17:00

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

採用情報

リハビリ相談受付中

親和会医療法人富田病院

ページトップへ

ページトップへ