通所リハビリは名古屋市中川区の介護老人保健施設「松和苑」

お知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ

  • 2020.07.01

    変形性膝関節症について【富田病院 リハビリテーション】

    今日は膝の痛みの中でも、罹患率の高い変形性膝関節症についてお話しします。
     
    変形性膝関節症の中でも9割以上の方が内反変形といういわゆるO脚変形をきたし、深いしゃがみ動作や正座が出来ない、膝の曲げ伸ばし、立ち上がり、歩き出し、階段昇降などに膝の(特に内側に出やすい)痛みが発生します。
     
    B13F2CED-55E5-4547-A8B0-1E8329992E68_4_5005_c
    ※公益社団法人 日本整形外科学会より
     
    特に体重が重い方、若い時から膝を酷使するスポーツをされていた方などは軟骨の摩耗が進んでいる方が多く、膝の変形や痛みに繋がりやすいといえます。
     
    また、坂道や段差の昇降では体重の5〜7倍ともいわれる負荷が膝にかかりますので、山岳部に住む方々の変形性膝関節症の罹患率が高いというお話まであります。
     
     
    膝の痛みの原因は、内側広筋という膝の内側の筋肉の筋力低下など、多くの方に共通して生じる原因はありますが、やはりその人それぞれに原因は微妙に変わってきます。
     
     
    少しマニアックになってしまいますが、関節水腫に伴う反射性抑制、膝関節機能障害に伴う膝関節屈曲や伸展可動制限、内転筋群の筋力低下、内側広筋と縫工筋の癒着、下腿の外旋変位、足関節や足趾機能低下などなど、膝関節に支障をきたす原因はまだまだ数多くあります。
     
     
    原因が変われば、対処法やトレーニングの仕方もそれぞれに変わってきます。
     
     
    また、同じ疾患、同じ原因で痛みが出ていたとしても、今現在の病期(その疾患の進行度や段階など)によっても行うべきトレーニングや対処法は変化します。
     
     
    テレビで紹介されていたから、インターネットで調べたら出てきたからと、原因や病期を無視した形での対処により、痛みや変形が悪化してしまうこともあります。
     
     
    やはり膝の痛みで苦痛を感じている方、お困りの方はお早めに整形外科への受診、そして理学療法士などの国家資格を有するスタッフと共にリハビリテーションプログラムを行うことをおすすめします。
  • 2020.06.16

    腰痛について【 富田病院 リハビリテーション 】

    富田病院リハビリテーション科、理学療法士の佐藤です。
     
    今回は当院外来リハビリテーションをご利用される方の中でも、非常に多くの方が悩まれる腰痛についてお話ししたいと思います。
     
    腰の痛みは人類の宿命ともいえるほど、多くの方が経験する痛み一つですが、一言で「腰痛」と言いましても、原因は多岐に渡ります。
     
    レントゲンやCT等でしっかり画像所見が得られ、原因のはっきりしている腰痛(特異的腰部痛)だけをみても、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、腰椎すべり症、変形性腰椎症、側弯症など多くの疾患が考えられます。
     
    5239C1FA-42E7-4B58-A164-9EF34F2BA312_4_5005_c
     
    しかし実は、
    腰痛の約8割は画像所見等での原因の特定が困難
    な腰痛(非特異的腰部痛)ともいわれています。
    これらの腰痛は仕事や生活習慣、姿勢、ストレス、睡眠、栄養状態などが影響していることもあり、これらが原因の腰痛であればレントゲンやCTだけでは判断ができません。
    血液検査や尿検査、理学療法評価などその他様々な検査・評価を行い、原因を探っていく必要があります。
     
    当院でリハビリテーションを希望される方は、下記の「整形外科・リハビリテーション科」の診察日に初回診察を受けていただくようお願いしております。スクリーンショット 2020-05-29 16.21.29
     
     
    また、胃や腎臓など消化器・泌尿器の問題や、骨への感染や腫瘍などの問題で腰痛が発生することもあり、たかが腰痛と鷹を括ってしまうのは怖いこともあります。
    やはり腰痛で苦しんでいる方、生活に支障がでている方などは、お早めに医療機関へ受診されることが重要であると考えます。

    リハビリテーション科では、診断に応じて患者様一人ひとり適切なリハビリテーションプログラムが提供できるよう、しっかりと問診や評価を行い、腰痛の改善や生活障害の改善などに貢献できるよう努めます。
     
    腰痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
     
  • 2018.11.25

    いきいき健康教室を開催いたしました 【富田病院 いきいき健康教室 変形性膝関節症】

    かの里地区に移転し、初のいきいき健康教室を開催いたしました。

    いきいき健康教室とは、当院リハビリ室が主体となり、当院の医師、専門職から健康についてのお話をし、地域の皆様の疑問やお悩みに直接お答えするイベントです。

    今回のテーマは“変形性膝関節症”についてです。

    IMG_1146

    加齢と共に起こりやすくなる膝の痛み。

    そのメカニズムや予防法、家庭でできる体操、薬剤、食材等、

    内容は多方面に及び、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

    IMG_1189

    IMG_1173 IMG_1183 IMG_1268 IMG_1225 IMG_1164 IMG_1147 IMG_1174 IMG_1175 IMG_1180

    皆様からの熱心なご質問が大変印象的でした。

    我々もその思いに応えるべく、日々精進いたします。

    少しでも参加された方々の生活のヒントになれば幸いです。

    普段から健康の事でお困りのことがございましたら、

    いつでもお気軽に当院までご相談ください。

    またこのようなイベントを開催させていただきたいと思います。

    朝夕の冷え込みが日に日に強くなっております。

    どうか御身体に気をつけてお過ごしくださいませ。

     

  • 2018.11.02

    いきいき健康教室を開催いたします【富田病院 リハビリ 変形性膝関節症】

    11月24日(土)富田病院にていきいき健康教室を開催いたします。

    今回のテーマは“変形性膝関節症”についてです。

    多くの方が膝の痛みに悩む事があるかと思います。

    当院整形外科 杉戸医師より、その原因や、対策、予防について等、

    幅広くお話をさせていただく予定です。

    スクリーンショット 2018-11-01 17.34.28

    スクリーンショット 2018-11-01 17.34.40

    正しい知識を知っていただくことで、皆様の健康な生活をサポートさせていただけたら幸いです。

    もちろん参加費は無料です。

    皆様お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

    それでは当日皆様とお会いできます事を楽しみにしております。

    よろしくお願い申し上げます。

  • 2018.09.17

    棒体操【松和苑 通所リハビリテーション】

    松和苑でのリハビリの様子を撮影してみました。

    今回は棒を使ったリハビリテーション、“棒体操”です。

    皆様、棒体操をご存知でしょうか?

    棒体操は、その名の通り「棒を使った体操」です。

    棒体操の利点としては、無理のない範囲で楽しみながら関節可動域で行うことができることです。

    個人の疾患等によって、身体の状況は異なりますが、棒を使用し、様々な効果のある体操がありますのでオススメです。リハビリスタッフと楽しみながら体操しましょう!

    棒体操

  • 2018.07.18

    紙コップボーリングを行いました【松和苑 通所リハビリテーション】

    紙コップボーリングを行いました。

    今回は、紙コップの的を狙うのですが倒した本数ではなく、点数が記載された紙コップを倒した得点で競い合うようゲーム制を持たしたボーリングを行いました。

    reku

    男性女性、力がある方無い方問わず、再度にレールが敷いてありますので玉がそれてもコップを倒すチャンスがあることと、点数が疎らですので合計得点にもばらつきがある為、どなたもハンディなく皆様楽しまれていました。

    reku2

    最初は、「マイナス?」などとという声もあありましたが、ゲームを続けていく中で「〇〇点か」「悔しい」などと投球される方が増えるほど、盛り上がりをみせ、最初の方に投げられた方では、「もう1回投げさせて」などという声が聞かれ、最後には、高得点者の紹介をしました。

    体を動かすレクリエーションは皆様夢中になられますので、職員も大変盛り上がります。

    お怪我等の内容気をつけながら、今後も楽しんで頂けるレクリエーションを実践させて頂きたいと思います!

     

     

  • 2017.03.03

    福祉用具(スライドボード)のご紹介【松和苑】

    今回は、スライディングボードのご紹介をさせていただきます。

    当施設でも福祉用具を活用し、ご利用者様の生活援助に携わっております。

    IMG_0543

    こちらがスライディングボードです。

    ご存知の方もお見えだとは思いますがどのような用途で使用するかご存知でしょうか?

    ご説明させていただく前に福祉用具とは何故使用するかを初めての方も見えると思いますのでご紹介致します。

    福祉用具とは?

    ・ご利用者様の自立の可能性を高める

    ・介助をする側の負担を軽減する

    ・より安全な環境作り   等のメリットが挙げられます。

     

    どういった場面で使用するかと言いますとご利用者様を車椅子からベッド、ベッドから車椅子に移乗する際に使用しております。

    生活場面においてベッドからの離床やベッドへの臥床を行う場面は、数多くみられます。

     

    スライディングボードの使用方法について

    1、最初にベッドと車椅子の高さを合わせます。 

    2、スライディングボードを使用する際には、車椅子の肘掛けが外せるタイプの物を使用します。

    3、ご利用者様の臀部にスライディングボードを敷き車椅子を寄せ設置します。

    4、スライディングボードを設置したら移動する側にスライドをさせるような形で移乗を行います。

    IMG_0544

    この福祉用具を使用することでご利用者様、介助者双方にとって身体的負担に繋がります。

    また福祉用具を使用する際には、必ず使用方法、適切な指導の下、使用しないと大きな事故に繋がる危険があります。

    必ず使用する際には、その方に合った適切な方法で使用してください。

     

contact usお問い合わせ・ご相談はこちら

当苑についてのご質問・介護についてのご相談などもお気軽にどうぞ。

052-303-1165 052-303-1165
受付時間 9:00〜17:00

WEBからのお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

採用情報

リハビリ相談受付中

親和会医療法人富田病院

ページトップへ

ページトップへ